[ワシントン 16日 ロイター] - トランプ米大統領は16日、労働長官に指名されていたアンドリュー・パズダー氏が指名を辞退したことを受け、全米労働関係委員会(NLRB)元メンバーのアレキサンダー・アコスタ氏を新たに指名した。

アコスタ氏はフロリダ国際大学の法科大学院長を務めており、トランプ氏が指名する高官のなかでヒスパニック(中南米系)として初めてとなる。

トランプ大統領は記者団に対し「アコスタ氏はすばらしいキャリアの持ち主で、すばらしい労働長官になると考えている」と述べた。

前日に指名を辞退したパズダー氏を巡っては、上院で必要な賛成票が集まらないとの懸念が強まっていた。

*写真を付け、カテゴリーを追加します。