経営×物流

「時間指定」「再配達」の急増で宅配現場から悲鳴

ヤマト運輸労働組合 中央討論集会

ヤマト労組中央討論集会で寄せられた、切実な“声”

全国から960人の組合員が集った中央討論会

 ヤマト運輸(本社・東京都中央区、長尾裕社長)の宅急便取扱個数が拡大を続けている。昨年12月の宅急便取扱実績は対前年同月比5.6%増の2億3404万4761個で、単月実績としての過去最高を更新した。

 この数字は5年前の11年12月の実績(1億9361万8979個)に比べると、20.8%増加したことになる。その背景には、宅急便荷物の2割を占めるAmazonをはじめとした通販商品の拡大があるが、結果として不在・再配達件数が増加。宅急便の現場でも労働力確保が困難になる中、1月24日に行われたヤマト運輸労働組合(森下明利委員長)の中央討論集会では、各職場から切実な“声”が寄せられた。

業務過多で休憩時間が未取得に…
人材も思うように集まらない…

 討論会で目立ったのが、配達時間帯指定と再配達業務に関する意見だ。休憩時間の未取得解消に昼間時間帯の指定を撤廃する案や、再配達依頼の締切り時間を繰り上げる案などが寄せられたほか、同日内に何度も再配達依頼があり、その度に訪問しても配達先が不在であるケースなども紹介された。

 人手不足も深刻化しており、人材が集まりやすい地域で雇用して不足地域へ異動してもらう施策が提案されるとともに、労働力不足に対する管理者のペナルティ撤廃や新管理制度の設置なども要求された。さらに抜本的な改革案として、外食・小売業界が24時間営業を廃止する潮流などを参考に、大みそかの集荷休止と正月の集配休止を訴える声もあった。

 人材の確保が困難化する中で戦力となっているのが、ヤマト・スタッフ・サプライによる軽貨物便事業「フレキシブルドライバー」だ。ある支店では現在86人が在籍しているが、こうした委託先事業者の収入を魅力に感じるセールスドライバー(SD)も出てきており、全体の賃金引上げへの要求もあった。「クロネコDM便」を配達するクロネコメイトの人手不足も報告された。

  • 1
  • 2

経営×物流トップへ

カーゴニュース

Special Columns         <PR>

 

 

 

 

『カーゴニュース』

1969年10月の創刊から約40年間「経済の中の物流」という視点から一貫した報道を行っている物流業界専門紙。物流報道の中に“荷主”という切り口を持った媒体として評価されている。主な内容は荷主企業の物流動向、行政の物流関連動向、トラック、倉庫、鉄道、海運、航空など物流企業の最新動向、物流機器、WMSソフトなどの関連ニュース等。週2回発行。


from.カーゴニュース

1969年10月の創刊から約40年間「経済の中の物流」という視点から一貫した報道を行っている老舗・物流業界専門紙『カーゴニュース』とのコラボレーション連載。

「from.カーゴニュース」

⇒バックナンバー一覧