[フランクフルト 17日 ロイター] - 米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>のメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は、傘下である独オペルのドイツ本社で、仏自動車大手PSAグループ<PEUP.PA>によるオペル買収計画において、オペルの独立性を保証する意向を示した。

独月刊誌マネジャー・マガジンが、GMとPSAの交渉に近い関係筋の話として伝えた。

またバーラCEOは、PSAのカルロス・タバレスCEOが、買収後もオペルのカールトーマス・ニューマンCEOなど経営陣の続投を計画していると明らかにした。