長期的ビジョンを持たず 「今を生きてきた」から成功した

長期的ビジョンを持たず
「今を生きてきた」から成功した

著者・コラム紹介
1
nextpage

成功する経営の秘訣はどこにあるのか? 父親の経営する写真店から独立した後、1700億円企業にまで成長させた、テレビショッピングの先駆者「ジャパネットたかた」創業者である髙田明氏が、その極意を語る。

A and Live
髙田 明 代表取締役

1948年長崎県生まれ。大阪経済大学卒業後、機械メーカーへ就職し通訳として海外駐在を体験。74年に父親が経営する写真店へ入社。86年に「株式会社たかた」として分離独立。99年に現社名へ変更。90年にラジオでショッピング番組を行ったのを機に全国へネットワークを広げ、その後テレビや紙媒体、インターネットや携帯サイトなどでの通販事業を展開。2012年、東京に新拠点を開設。15年1月に代表を退任し、同時に「株式会社A and Live」を設立(社名の由来は、今を生き生きと生きる世の中にしたいという思いから)。

 2016年1月15日の生放送の番組を最後に、テレビショッピングから「引退」。その1年前に社長を退任した髙田明氏。今「ジャパネットたかた」の経営を振り返り、その成功の秘訣は「長期的なビジョンを持たない積み上げ経営」にあったと語る。

 「私はこれまで目標というものを持ったことがありません。現在の『ジャパネットたかた』があるのは“今を生きる”ことを一生懸命やってきた結果です。今できることに最善を尽くす。そこから次のステップが見えてくる。その繰り返しで成長を続けてきたのです」

 マーケティングは過去の数字であり、数字やデータに縛られると変化に対応できなくなる。今日売れたものが明日売れない、ということはよくある。特に変化のスピードが加速している現在、長期的な計画はますます意味がない。

 「未来への不安や、過去の失敗にとらわれていると、人間はアクションを起こせなくなります。今という限られた時間に集中すること。それが一番、自分の目指すところに近づける方法だと思います。現役時代、来年の目標は常に“前年を下回らない”ことだけでした」

変化に対応できるのは
直感力とひらめき

 変化への柔軟な対応が、ラジオショッピング、テレビショッピングへの道を開いた。時代の変化に対応できるのは、直感力とひらめきだという。それはどのように培われるのか?

 「直感力やひらめきは、才能や資質などではなく、現場に立ち続ける中で自然に身に付いてゆくものです。現場に立つことは、最前線で向き合うこと。会社の課題に向き合い、商品に向き合い、社員に向き合い、社会の変化に向き合う。その全てに向き合ううち、時代にどう対応していくかが次第に分かってくる。現場に立たない限り、直感は降ってきません」

1
nextpage

躍進企業の経営者が語る
2017年春
協賛企業


広告企画

「広告企画」

⇒バックナンバー一覧