2月23日、日産自動車は、西川廣人・共同CEO(63)が4月1日付で社長に就任する人事を発表した。カルロス・ゴーン会長兼社長(62)は引き続き代表権のある取締役会長を務める。写真はカルロス・ゴーン会長兼社長。フランスのブローニュ=ビヤンクールで10日撮影(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

[東京 23日 ロイター] - 日産自動車は23日、西川廣人・共同CEO(63)が4月1日付で社長に就任する人事を発表した。カルロス・ゴーン会長兼社長(62)は引き続き代表権のある取締役会長を務める。ゴーン氏は2000年6月から社長に就任、約17年ぶりの社長交代となる。

 ゴーン氏は「この18年間育ててきた日産のマネジメント層には、同社の事業および戦略的な目標を達成する上で求められる能力と経験があると信じている。先に三菱自動車の取締役会長に就任し、次の日産の定時株主総会の開催を控えていることから、今こそ、西川氏に日産のCEO職を引き継ぐのに適切な時期であると判断した」とのコメントを発表した。

 また、「引き続き日産の取締役会長として、ルノー・日産・三菱自動車のアライアンスの枠組みの中で、監督・指導を行っていく。この変更により、私はアライアンスの戦略面および事業上の進化により多くの時間と労力をかけ、パートナー各社に、アライアンスの持つ規模による競争優位性をいかんなく享受させる」との考えを表明した。

 ゴーン氏は1999年にルノーから派遣されCOOに就任。2000年の社長就任後、01年に社長兼CEO、03年から会長も兼務していた。

 西川氏は1977年に日産自動車に入社。副社長、副会長などを経て16年11月から共同CEO兼副会長だった。