[ブリュッセル 23日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルとジグソーは23日、ニュース機関などが自社のウェブサイト上で誹謗などの投稿を見つけやすくする新たな技術を発表した。

「パースペクティブ」と名付けられたこの技術は、利用者が「有害」だと指摘したり、やり取りから退出してほしいと思う発言にどれだけ類似しているかに基づいて、投稿を判定するという。

両社はこれまで、米紙ニューヨーク・タイムズで試験運用を行い、今後は英紙ガーティアンやエコノミストなどのニュースサイトへの導入も検討されている。