ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

知財情報検索を事業化して「技術の可視化」を実現した“解析博士”
創知代表取締役社長兼CEO 中村達生

週刊ダイヤモンド編集部
【第46回】 2008年10月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
創知代表取締役社長兼CEO 中村達生
創知代表取締役社長兼CEO 中村達生(撮影:宇佐見利明)

 現在、インターネットの世界で主流となったグーグルやヤフーなどの検索エンジンを「それらは“1次検索”サイトです」と言ってはばからない男がいる。検索の世界で、“解析博士”として知られる創知の中村達生だ。

 その理由は、検索サイトではキーワードを入力すれば瞬時に検索結果がリストアップされるので、ユーザーは上位に来る情報を参考にすることが当たり前になっているが、じつはユーザーにはそれらの情報が正しいかどうかを“検証”する方法がないからである。

 加えて、ユーザーは、自分で入力したキーワードを含む情報、すなわち知っているキーワードでしか情報を検索することができない。つまり、周辺にある情報までは引き出せない。

 そんななかで、中村と技術者たちは、“2次検索”に該当する「概念検索」を業務用のアプリケーションソフトとして提供し、インターネットで検索できる手段を開発した。

 想定する顧客は、企業の経営企画部門、技術・開発部門、知的財産権の管理部門などだが、「専門家でなくても簡単に扱える」ところがミソだ。

 たとえば、企業の特許情報を分析する「XLUS」(カイラス)は、キーワードや文章を入力すると、約600万件のデータベースのなかから、瞬時に100件の特許情報をリストアップしてくれる。

 そこには、目当ての特許に関連する情報までが含まれており、技術的な強弱や関連性が一目瞭然で判別できるチャートも表示される。しかも、周辺の特許をマウスでクリックすると、詳細情報がどっと出てくる。

 それまでは、特許動向の調査といえば、気が遠くなるほど膨大な文書情報を解読する専門家が、1つひとつ調べ上げていくというのが常識だった。中村は、企業の「自社の技術を可視化したい」との要望に応え、特許の世界を俯瞰的に見られるように変えたのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧