[ロンドン 27日 ロイター] - 英政府報道官は27日、スコットランドの独立支持派が住民投票を要求する準備を進めているとの報道に関し、新たな住民投票の脅威が不必要な不透明感と分断を生じさせているとし、「2度目の投票は、実施できるかではなく、すべきかどうかが問題であり、明らかに答えはノーだ」と述べた。

「スコットランドは2014年に英国にとどまることを決定しており、現時点のすべての証拠は、スコットランドの住民が再度の投票を望んでいないことを示している」と付け加えた。