[ニューヨーク 27日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>が出資する米衛星通信ベンチャーのワンウェブが、衛星サービス会社インテルサット<I.N>との合併を計画していることが分かった。関係筋が明らかにした。

インテルサットは昨年9月末時点で150億ドルの負債があり、合併は債権者の承認が条件。合併により衛星通信業界での基盤が固まるほか、インテルサットの負債解消にもつながるという。

ソフトバンクは昨年12月、ワンウェブに10億ドル出資することで合意したと発表していた。

ソフトバンクとワンウェブは合併についてコメントを拒否した。インテルサットはコメントの求めに応じていない。