[ロンドン 28日 ロイター] - 英国のデービス欧州連合(EU)離脱担当相はメイ政権の閣僚に対し、離脱交渉の合意だけでなく、決着しなかった場合にも備える必要があるとの考えを示した。メイ首相の報道官が28日、記者団に述べた。

デービス氏は定例閣議で、近く正式通知する離脱交渉の規模や複雑さについて説明。影響を受ける政策の範囲に触れ、円滑な離脱に向けて政府支援の必要性を説いた上で、「交渉がまとまった場合だけでなく、可能性は低いが相互に満足行く合意が得られなかったシナリオについても備えておく必要がある」と指摘したとしている。