[28日 ロイター] - 米コンファレンス・ボード(CB)が発表した2月の米消費者信頼感指数は114.8と、前月の111.6から上昇し、2001年7月以来の高水準となった。予想の111.0も上回った。

現況指数は133.4と前月の130.0から上昇、2007年7月以来の高水準となった。

期待指数は102.4と、前月の99.3から上昇した。

雇用関連では、就職困難に関する指数が20.3と、前月の21.1から低下した。

1年インフレ期待は4.9%と、前月から横ばいだった。