[ダラス 1日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は1日、将来の利上げペースが緩やかになるよう、米連邦準備理事会(FRB)は遅いよりは早い時期に利上げを実施すべきとの見解を示した。

カプラン総裁は「緩やかかつ辛抱強いペースでの利上げを確実にするため、FRBは(利上げ)プロセスを早い段階に始めるべき」と語った。

インフレが高進し始め、雇用もオーバーシュートする状況となった場合に「FRBが急激な利上げを余儀なくされる」ことに懸念を表明。こうした状況は過去において、リセッション(景気後退)や雇用の伸び鈍化といった事態を招いたと指摘した。

カプラン総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。