2月27日、2016年現在、VRの市場規模は比較的小さく、主にゲームに限られているが、フェイスブックのザッカーバーグ氏は、この技術がソーシャルメディアや娯楽、医療に改革を巻き起こし、「数十億人の人々にとって日常の一部になる」未来を描いている。写真は同社のロゴ。パリで1月撮影(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

[27日 ロイター] - 米フェイスブックの仮想現実(VR)事業への野望が脅かされようとしている。著作権侵害を巡る裁判で、コンピューターコードの使用差し止めを命じられる恐れが出てきたからだ。

 米ゲーム開発会社ゼニマックス・メディアは23日、テキサス州ダラスの連邦地裁に対し、フェイスブック傘下のVR機器メーカー、オキュラスによるコードの使用・提供の差し止めを請求した。

 このコードは、オキュラスが自社のVRヘッドセット「リフト」向けにゲームを製作する企業に提供しているソフト開発キットの一部だ。

 判決が下されるのは数ヵ月後とみられるが、知的財産権専門の弁護士らによると、ゼニマックスの請求が認められる可能性が高い。そうなればフェイスブックは巨額の和解金を支払うか、業界での地位が揺るがされるリスクを冒して闘うかという、究極の選択を迫られる。

 今のところ、フェイスブックは闘う構えだ。ダラスの連邦陪審は2月1日、オスキュラスとその共同創業者パーマー・ラッキー、ブレンダン・イライブ両氏が著作権を侵害したとして5億ドルをゼニマックスに支払うよう命じているが、オスキュラスの広報テラ・ランドール氏は23日、控訴の方針を表明した。

 ゲーム市場調査会社スーパーデータのアナリスト、ステファニー・ラマス氏は、オスキュラスがコード使用の差し止めを命じられた場合、「大きなつまづきの石になる」と指摘。VR事業におけるライバル会社、宏達国際電子(HTC)<2498.TW>、ソニー<6758.T>、グーグルの親会社アルファベットなどに対し、「先発組になる重要な機会」を与えてしまうと予想した。

 差し止め命令によってリフト自体の販売が禁止されるわけではない。しかしラマス氏によると、HTCの「Vive」やソニーの「プレイステーションVR」に比べて提供できるゲームの数が抑えられそうだ。