ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

(2005年11月、大連)

 海鮮料理レストラン『天天漁港』の店内に入ると、まるで水族館のように魚たちの泳ぎまわる姿が目に入った。

 大小さまざまな水槽が陳列され、その中を自由に泳いでいる魚たちは、自分たちを待ち受ける運命など知る由もない。低い位置に設けられているガラスケースの中で今は生き永らえている甲殻類や貝類の仲間たちにも、同じことが当てはまる。

 背が高く立派な体躯をした三栄木材株式会社の社長、岩本精一郎が、その生簀の合間で立ち止まり、水槽の底でじっとしている魚を指差して、脇にいる二人の男性に声を掛けた。

 「これは平目ですよね。刺身にしてもらいましょう。いかがです? 宮崎部長」

 二人の中で年配の方、おそらく50を幾つか過ぎているであろう恰幅はいいが背は余り高くない男性が、岩本の指の先へ目を凝らした。

 「ほお、けっこう大振りで身が厚そうだね。お造りにしたら映えるだろう」

 「わかりました。他には何を選びましょうか? 木村課長も、お好みの物がございましたらおっしゃってください」

 もう一人の客、木村は、岩本より年下でまだ40を越えたばかりのはずだが、頭髪はかなり寂しくなっており、痩せた体型と併せて中間管理職の気苦労を体現している。上司の宮崎に遠慮しているのか、なかなか口を開かない。

 「この店は、選んだ海鮮を好みに応じて料理してくれるそうです。遠慮なさらず要望をおっしゃってください」

 岩本は、今にも揉み手を始めるのではないかというほど気を遣っている。店員を呼びに行っていた今夜のホスト、劉清義(リウ・チンイ)が戻って来た。

 「ニィメンシャンチーシェンマ」

 中国語で問い掛けられた岩本は、慌ててあたりを見回した。

 「あれ、伊藤さんはどこにいるのかな」

 「あ、あそこにいますよ」

 木村が声を上げた先を見ると、店の玄関脇で男性が携帯電話を耳に当てて何事か話し込んでいる。

 あれから18年の歳月が経っているが、隆嗣は目元と頬に数本の皺を刻んだだけで、体型を含めてあまり変化がなく、若々しさを保っていた。いつも見開いているかのようだった大きな眼だけは少し変わり、今ではやや細くなって鋭い眼光を醸し出すようになっている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    一流の磨き方

    一流の磨き方

    浜野安宏 著

    定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    「一流」とは、上流でも、中流でも、下流でもない。お金で買える高級品でもない。一流とは「とらわれない力」であり、孤独であり続ける力。膨大な「経験」に裏打ちされて、しっかり底光りするものであり、仕事や遊びの時間と質が、人を本物へと磨き上げるものである。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    村上卓郎(むらかみ・たくろう)

    1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


    連載経済小説 運命回廊

    〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
    その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
    バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

    「連載経済小説 運命回廊」

    ⇒バックナンバー一覧