[北京 2日 ロイター] - 中国外務省の耿爽報道官は2日、トランプ米政権が1日、世界貿易機関(WTO)の決定が米国の主権を侵害しているとみなせば、WTOの判断に縛られない姿勢を示したことについて、中国はWTOの取り組みを支持していると述べた。

WTOを中心に、公平かつオープンな多国間制度を維持することが世界の経済成長に貢献し、だれにとっても利益となると指摘。

「中国がWTOに加盟して以来、わが国は常にWTOの取り組みを積極的に支持してきた。こうした立場は変わらない」と述べた。

中国商務省はコメントを差し控えた。

米通商代表部(USTR)は1日、トランプ政権初となる通商政策の年次報告書を議会に提出。政権は市場を歪める不公正な貿易慣行を「容認しない」と表明した。