ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【前回までのあらすじ】
バブル景気に馴染めなかった伊藤隆嗣は、上海華盛大学に語学留学した。親友に誘われて参加したクリスマスパーティーで、辛辣な体制批判をする江立芳と出会い、互いに惹かれ合うようになる。18年後、隆嗣は上海に事務所を構え、三栄木材の中国ビジネスアドバイザーを務めるようになっていた。
三栄木材のマレーシア駐在員・山中幸一は、本社からの指示で、業績不振のマレーシア材の輸入停止を余儀なくされる。

(1988年4月、上海)

 ジェイスンが肉を頬張りながら詮索を続ける。

 「で、彼女とはどこまで進展したんだよ、ロン」

 「どこまでって、どういう意味だよ」

 隆嗣はグラスを置きながら問い返した。レモンの雫を加えられたミネラルウォーターが口中に浸透し、水はこんなに美味しいものかと実感する。学生宿舎の水道は当然飲めないし、もし飲んでしまったら終日臭いトイレで過ごすはめになること間違いない。友人同士の他愛もない会話は続く。

 「それはつまり……深い仲になったのか、ってことさ」

 「ジェイ、君はいつからゴシップ記者になったんだ」

 「ノーコメントを通すつもりか、まあいい。それより、俺にもチャンスを作ってくれよ」

 「なんのチャンスだよ」

 「中国人学生の可愛いお嬢さんと、お近付きになれるチャンスさ」

 「おいおい、君はマドモアゼルと仲良くしていたじゃないか」

 ジェイスンは、中国の古典に興味を抱いてフランスからやって来たブロンド嬢にご執心だった。

 「それが、あなたたちアメリカ人からは文化の香りがしないの、って言われてね。馬鹿にするな、今はアートだって詩人たちだってニューヨークが聖地なんだ。古いものだけを認めると言うのなら、老人ホームへ行って男を捜せって……」

 「そう言ったのか?」

 「いや、心の中でそう叫んだだけ。今回は撤退して、別の方面へ作戦を展開しようと参謀本部で検討しているんだ」

 「だいたい君はカンザス州の出身だろ? ニューヨークへは行ったこともないと言っていたじゃないか」

 「いずれ行くつもりさ。それより参謀総長殿、是非作戦を建てて欲しいんだが」

 「参謀会議は後回しにして、まずはご馳走が冷える前に食事を済ませよう。共産主義社会から西側陣営へしばし戻ったつもりのささやかな贅沢なんだ」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧