[ロンドン 6日 ロイター] - 英製造業の生産は、欧州連合(EU)離脱を決定した国民投票後のポンド安や欧州主要市場の回復を背景に、約3年ぶりの高い伸びを記録した。6日公表の調査結果で明らかになった。

製造業ロビー団体EEFとコンサルタント会社BDOが行った調査によると、製造業の生産は急速に伸びており、第1・四半期の生産拡大を指摘した企業は31%と、2013年第3・四半期以来の高水準となった。第2・四半期の生産拡大を見込む企業は33%に上昇した。

海外市場の回復がみられない、と回答した企業は20%にとどまった。業況感、投資、雇用の各分野は全て上向いた。

ただ、多くのエコノミストは、ポンド安によるインフレ率上昇で個人消費の伸び悩みが見込まれ、製造業の回復がその影響を十分相殺できる可能性は低いとの見方を示している。