ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

(1988年4月、上海)

 そんな二人の間に、祝平が割り込んできた。

 「伊藤さん、見てください」

 祝平の視線の先には、間口一間ほどの小さな衣類店があった。やや太り気味の中年女性が、最近若者に流行りだしたジーンズを手に店先で大声を上げている。

 「新着もんだよ。安いよ、安いよ」

 祝平の意図を掴みかねて隆嗣が問い返す。

 「あのおばちゃんが、何か?」

 「経済開放で許可されるようになった個人商店では、あのように一生懸命商売に精を出しています。しかし、先ほどの国営デパートの店員も御覧になったでしょう?」

 隆嗣は、彼が言いたいことに察しをつけて応じた。

 「人間というのは、本当に単純なものですね。努力の有無にかかわらず、給料も生活も変わらなければ人は怠ける。努力が自分に返ってくると判れば、一生懸命になる」

 「そうですね、おっしゃる通りだ。今の上海は、いや中国は、共産主義から資本主義への転換期に当たる、壮大な実験場と言えるでしょう」

 青白いインテリに見えていた祝平が強い語気で話すのを、隆嗣は奇妙な違和感を抱きながら見守った。

 「祝平、変なことを言って隆嗣を混乱させないでよ」

 立芳が口を挟むが、彼は動じない。

 「しかし、この実験も、共産党と言う名の皇帝が行っているに過ぎない。この店の人たちも、さっきの国営デパートの店員も、掌の上で踊らされているだけ。決して自分自身で選んだ社会じゃないんです」

 隆嗣は、『共産党と言う名の皇帝』というセリフに引っ掛かった。かつて立芳が同じことを言っていたのを思い出したのだ。無遠慮に尋ねることにした。

 「祝平さん、あなたは共産主義に反対なんですか?」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧