[ベルリン 6日 ロイター] - ドイツ銀行協会(BdB)は6日、ユーロ圏経済が上向いており、欧州中央銀行(ECB)の超緩和政策はもう必要ないとの認識を示した。

ただ、金融緩和を急激に解除すれば、債券市場に動揺が走るおそれがあるとの見方も示した。

BdBは「経済成長と物価の見通しを踏まえれば、ECBによる極めて強力な金融緩和政策はもう必要ない」と指摘。「ただ、緩和政策の解除が債券市場の過剰反応を招くとの懸念も強い」とし、そうしたリスクに対処する上では、金融政策に関する明確なコミュニケーションが有益だとの認識を示した。

BdBは、今年のドイツの経済成長率を1.4%と予測。カレンダー効果などの影響で昨年の1.9%から鈍化するとの見方を示した。来年の予測は1.6%。