[ワシントン 6日 ロイター] - 米国防総省は6日、北朝鮮が同日に実施したミサイル発射について、日本の北西沖に落下した4発以外にも同国が発射を試みた可能性があることを示唆した。

国防総省のデービス報道官は記者会見で「落下したのは4発だ。発射の数はわれわれが言及しているより多いかもしれない。ただ、4発が日本海に落下した」と述べた。

大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の試みはなかったとした。