[ワシントン 6日 ロイター] - 米国防総省は、マティス国防長官と稲田朋美防衛相が6日に電話協議を行い、北朝鮮のミサイル発射は「容認できず無責任」との認識で一致したと明らかにした。

国防総省の報道官は声明で、「マティス長官は、拡大抑止を含めた防衛上の日本へのコミットメントを再確認した」と述べた。