[東京 7日 ロイター] - 菅義偉官房長官は7日午後の会見で、ヤマト運輸が宅配便の基本運賃を27年ぶりに値上げする方向で検討しているとの報道について、「物流の流れが激しくなってきていることの一つの証左だと思う」と述べた。

菅官房長官は個別企業の経営方針にコメントは控えるとしたうえで、「27年値上げしてなかったことは大変な努力をされてきたのだと思った」と指摘。「一般論として、ネット通販の急成長やアベノミクスの成果による労働需給の引き締まりから、需要供給両面から宅配、運送業のコストが高まっていることも一つの大きな要因ではないかと思う」との見方を示した。

さらに「消費者物価は現在横ばいだが、今後緩やかに上昇していくことが期待される」と語った。

(石田仁志)