[東京 9日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比89円03銭高の1万9343円06銭となり、反発して始まった。ドル/円<JPY=>が114円台まで円安方向に振れたことで、自動車・ハイテク関連株が上昇。業種別では非鉄金属、ゴム製品なども堅調に推移している。

半面、原油相場の急落を受け、石油関連株は売りが優勢となっている。TOPIXも反発。ただ両指数とも寄り高後はやや伸び悩む動きとなっている。