[ベルリン 8日 ロイター] - ドイツ政府当局者は8日、欧州理事会の首脳の圧倒的多数が、トゥスク欧州連合(EU)大統領の再任を支持しているとの見解を示した。

EU大統領はEU首脳会議の議長を務め、任期は2年半。ポーランド元首相のトゥスク氏は、今年5月に1期目の任期を終える。EU加盟国の大半は同氏の続投を支持している。

ただ、EUに懐疑的な立場をとるポーランド政府はトゥスク氏の再任に反対している。

ドイツ政府当局者はまた、9日のEU首脳会議では自由貿易協定の拡大を支持する姿勢が示されるだろうと述べた。