ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
がんばらない介護
【第5回】 2017年3月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
橋中今日子

関係がよくない親なら、
愛ある介護じゃなくていい
家族間のトラブルを解決する方法1

1
nextpage

なんとなく不安を感じながら、先送りしたくなる「介護」の問題。しかし、内閣府の発表によれば、介護保険制度で「要支援」「要介護」と認定された人は2013年度末で約570万人にのぼり、日本は、「誰もが介護し、介護される」“大介護時代”に突入しています。いざ介護の問題に直面すると、いろいろ調べる余裕もないまま、目の前のことに翻弄されるばかり。そこで、介護認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護し、ブログ「介護に疲れた時、心が軽くなるヒント」を通じて介護する人たちの悩みを解消してきたリハビリの専門家(理学療法士)が、 いざという時に困らない「介護の心を軽くするコツ」を紹介します。

橋中今日子(はしなか・きょうこ) 理学療法士。リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。自身の介護体験と理学療法士としての経験、心理学やコーチングの学びを生かして、介護と仕事の両立で悩む人、介護することに不安を感じている人に「がんばらない介護」を伝える活動を全国の市区町村で展開中。企業では、介護離職防止の研修も担当。ブログ「介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント」では、「介護をしていることで、自分の人生をあきらめないで!」「あらかじめ対策を知っておくことで、問題は回避できます!」といった介護疲れを解消し、心がラクになる情報を発信中。NHK、TBSほか、テレビやラジオでも活躍中。

「3人きょうだいの末っ子です。成績のよい姉や兄は母から可愛がられていましたが、私は彼らと比べられてばかりで“お前はダメだ”と言われて育ちました。そんな私がなぜ今、母の介護をしているのか…。幼いときのことを思い出すとかなり葛藤があります」

Nさん(50代女性・主婦)は、脳出血で倒れた母親の世話をしています。
姉や兄はすでに家を出てしまい、結婚後も実家に残っていた彼女が介護をせざるを得ません。
娘の義務だと思う半面、3人きょうだいの中で一番、可愛がられなかった自分が介護を担っていることを理不尽に感じています。

母親は認知症の傾向もあり、今でこそNさんに頼っていますが、以前はケンカが絶えず、出来のよい姉や兄と比較され、子どもの頃はつらい思いをしてきました。
そんな自分に世話をさせている母親に腹が立ち、憎しみを感じることもあります。
昔のことは水に流して、大切にしてあげようと思う半面、なかなか怒りが抑えられないのです。

 「こういう気持ちのまま、介護をしていては、いつか爆発してしまうのではないか」とNさんは自分自身が怖くなるのでした。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



理学療法士
リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。自身の介護体験と理学療法士としての経験、心理学やコーチングの学びを生かして、介護と仕事の両立で悩む人、介護することに不安を感じている人に「がんばらない介護」を伝える活動を全国の市区町村で展開中。企業では、介護離職防止の研修も担当。ブログ「介護に疲れた時に、心が軽くなるヒント」では、「介護をしていることで、自分の人生をあきらめないで!」「あらかじめ対策を知っておくことで、問題は回避できます!」といった介護疲れを解消し、心がラクになる情報を発信中。NHK、TBSほか、テレビやラジオでも活躍中。


がんばらない介護

リハビリの専門家(理学療法士)であり、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護してきた橋中今日子さんが、3/16配本の著書『がんばらない介護』の中から、DOL読者にふさわしい10項目をピックアップして紹介する。また、母親の在宅介護を経験した作家・落合恵子さんとの4回にわたる「介護と仕事の両立」をテーマにした対談も掲載。

「がんばらない介護」

⇒バックナンバー一覧