[ブリュッセル 9日 ロイター] - 欧州連合(EU)は9日、ブリュッセルで首脳会議を開き、5月末で任期切れとなるトゥスクEU大統領を再選した。一方、同氏の出身国ポーランドは、再選に強く反対した。

ポーランドの現在の与党「法と正義」のカチンスキ党首は、トゥスク氏のかつての政敵。シドゥウォ首相はカチンスキ党首の指示の下、トゥスク氏再任に反対票を投じたが、残りの27カ国は同氏を支持した。

シドゥウォ首相は当初、再任決定を延期するよう他国首相に働きかけていたが失敗に終わった。

ポーランドに賛同する声が広がらなかったことから、同国がEU内だけでなく東欧内でも孤立している様子が示された。

カチンスキ党首は、EUはドイツにより動かされており、各国の利益が無視されていると批判した。

今回の首脳会議は、英国が今月中に行う方針のEU離脱通知前におそらく最後となる公式首脳会議。EU首脳は英国を除いた27カ国で10日に非公式会議を開き、3月25日にローマで開かれる会合に向け準備する。