[ワシントン 9日 ロイター] - メキシコのビデガライ外相は9日、米国との貿易関係の更新について年内に合意が可能だとの見方を示した。

トランプ米大統領は北米自由貿易協定(NAFTA)についてメキシコ、カナダとの再交渉を望んでおり、米国にとって望ましい結果が出なかった場合の離脱も示唆している。

ビデガライ外相は、ワシントンで米政府高官との会見後、公式協議は2017年半ば頃に開始するとの見通しを提示。「年末にかけて、貿易に関する協定が合意に達する可能性がある」と述べた。