[ベイルート 9日 ロイター] - 米国が支援するシリアの民兵組織「シリア民主軍」(SDF)の報道官は9日、過激派組織「イスラム国」(IS)が本拠地とするシリア北部ラッカに近づいているとし、2─3週間以内にラッカを包囲する見通しと明らかにした。

一方、米軍主導の有志連合司令部のドリアン報道官は、既に500人の米兵がシリアに派遣されているとした上で、海兵隊と陸軍の特殊部隊からなる400人の増派部隊が到着したと語った。増派は一時的な措置で、前線での役割を担うことはない見通しだという。