[ベルリン 10日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が10日発表した1月の貿易統計によると、輸入は市場予想以上に増加し、同じく予想外に堅調だった輸出の伸びを上回った。

経常収支の黒字幅は大幅に縮小した。

輸入(季節調整済み)は前月比3.0%増、輸出は同2.7%増。

ロイターが集計したエコノミスト予想は、輸出が1.85%増、輸入が0.5%増だった。

1月の貿易収支(季節調整済み)は185億ユーロの黒字となり、黒字幅は12月の183億ユーロからやや拡大した。ロイター調査の予想は180億ユーロの黒字だった。

経常収支の黒字は12月の248億ユーロ(改定値)から128億ユーロに急減した。