[10日 ロイター] - 米短期金利先物相場は、大幅な伸びとなった2月の米雇用統計発表後も小動きで推移、年内3度の利上げを引き続き織り込んでいる。

CMEグループのフェドウオッチによると、フェデラルファンド(FF)金利先物は3月利上げをほぼ確実視しているほか、年内さらに2度の利上げを50%以上の確率で見込んでいる。また4度目の利上げも低い確率で織り込んでいる。