[東京 14日 ロイター] - 三菱重工業 <7011.T>は14日、米国サザンカリフォルニアエジソン社(SCE)サンオノフレ原子力発電所で起きた放射性物質漏えい事故に関する仲裁裁定を受領したと発表した。

国際商業会議所(ICC)は三菱重に対し、損害賠償金などとして約1億2500万ドル(約140億円)をSCEに支払うよう命じる一方で、SCEに仲裁費用約66億円を三菱重に支払うよう命じた。

仲裁金額は三菱重とSCEの双方が発表した。SCEは、三菱重が製造した原発主要装置(蒸気発生器)が破損し、同原発の廃炉を決めるとともに、三菱重に約7600億円の賠償を請求していた。

三菱重側は契約上の責任上限は約1億3700万ドル(約160億円)と主張。三菱重は、今回の仲裁判断について、責任上限の有効性を認めたものと説明している。

三菱重によると、すでに引当済みの金額を加味すると、今回の仲裁裁定による2017年3月期業績への影響は軽微としている。

*内容を追加します。

(浜田健太郎)