[東京 14日 ロイター] - 菅義偉官房長官は14日午後の会見で、2016年度第3・四半期決算の発表を再延期した東芝<6502.T> について、政府として支援策を検討している事実はないと述べた。

菅官房長官は東芝の決算発表延期に関して「上場企業の経営に関する事案であり、政府としてコメントは控えたい」としたうえで「速やかに市場に対し、正確な情報が開示できるよう、しっかり対応して欲しい」と述べた。

稲田朋美防衛相が大阪の学校法人「森友学園」の裁判に出廷していたのに、13日の参議院予算委員会で事実と異なる答弁をしていたことについては、「(稲田氏が)本日、昨日の答弁を訂正し、謝罪した。今後とも誠実に職務にあたっていただきたい」と語った。

(石田仁志)