[東京 15日 ロイター] - 政府観光局(JNTO)が15日に発表した2月の訪日外国人客数(推計値)は、前年同月比7.6%増の203万6000人だった。2月として過去最高を記録した。

同局によると、昨年は2月だった旧正月休暇が今年は1月末に始まったことに加え、うるう年だった昨年より2月の日数が1日少なかったことから、2月は伸び率が1桁にとどまった。

国別では、インドネシア(49.6%増)、フィリピン(39.4%増)、ベトナム(25.0%増)、タイ(22.5%増)、韓国(22.2%増)などが大きく伸びた。中国は2.0%増と、5カ月ぶりに1桁の伸び率にとどまったが、旧正月期間を含む1─2月の合計では、17.0%増だった。

(宮崎亜巳)