[ソウル 16日 ロイター] - 韓国企画財政省の崔相穆(チェ・サンモク)次官は16日、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ決定後にウォン相場が上昇したことを受け、必要があれば市場の安定のため措置を講じると表明した。

ただ、状況を見極めるためにはさらに時間が必要との見解を示した。

次官は記者団に「現在のウォンやドルのボラティリティーは外部要因によるもので、変化を見守るためにはさらに時間が必要」と述べた。

次官はこの日、米利上げの影響を協議するための会合を主宰した。

これとは別に、韓国銀行(中央銀行)もFRBの決定について協議を行い、現在の市場動向を注意深く見守る必要があるとの認識で一致。必要なら政府と協調して市場安定に向けた措置を講じる可能性があると表明した。

*内容を追加します。