3月16日、日銀による長期金利を誘導対象とした「長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)」政策の導入から半年、市場の関心は当初の緩和長期化から誘導水準の引き上げへとガラリと変化した。写真は日銀本店。2009年11月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 16日 ロイター] - 日銀による長期金利を誘導対象とした「長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)」政策の導入から半年、市場の関心は当初の緩和長期化から誘導水準の引き上げへとガラリと変化した。

 米欧で物価が上がりだす中で、日銀は今こそYCCの緩和効果を最大限に発揮できるチャンスとみているようだ。日銀の狙い通りに物価が上昇し始めるのか、年後半に向けYCCの真価が問われる。

長期金利ゼロ%維持、これまでよりも効果増大へ

「待ち過ぎるリスクよりも、早過ぎるリスクの方が大きい」──。市場にくすぶる長期金利目標の早期引き上げ観測に対し、日銀関係者はこう断言する。

 市場で目標引き上げの思惑がくすぶるのは、昨年11月の米大統領選でトランプ氏が当選し、「トランプ相場」が出現、ドル高と米株高が進行するとともに米長期金利も上昇してきたからだ。

 東京市場では、円安と日本株高が続き、日本の長期金利にもジワリと上昇圧力がかかり出す。そこにトランプ大統領の円安批判が加わり、長期金利が一時0.15%に急上昇。日銀は初の実弾を伴う指し値オペまで繰り出して、鎮静化に追われた。

 おりしも米国では2月のコアCPIが前年比プラス2.2%となり、2月のユーロ圏CPIは同2.0%と4年ぶりの高水準を記録。米欧での物価上昇圧力が、ようやく高まってきた。

 日本の長期金利上昇圧力には、このような外的環境の変化も影響している。ただ、足元のコアCPIは、1月に前年比0.1%上昇と1年1ヵ月ぶりにプラス圏に浮上したばかり。

 だが、日銀幹部の頭の中には、長期金利目標をゼロ%に固定しているYCCの効果が、今こそ強化されていくという「プラスイメージ」が大きくなっているもようだ。