[東京 16日 ロイター] - 菅義偉官房長官は16日午前の会見で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報のデータが陸上自衛隊に保管されていたことが新たに判明したとの報道に関連して、稲田朋美防衛相の進退は「全く考えていない」と述べた。

NHKなどのメディアは、南スーダンで大規模な武力衝突が起きた際のPKO部隊の日報について、陸上自衛隊が破棄し、その後別の部署で見つかったと防衛省が説明していたが、実際には陸上自衛隊が日報のデータを一貫して保管していたことがわかったと報じている。報道によると、この事実はこれまでの説明と矛盾することから一切公表されなかったうえ、先月になってデータを消去するよう指示が出されたという。

菅官房長官は「報道されている内容が事実なら防衛省、自衛隊に対する国民の信頼を大きく損なうものだ」と強調。稲田防衛相が特別防衛監察の実施を指示しており、調査を速やかに行い、その結果を明らかにする、と説明した。

また報道が事実だった場合の防衛省トップとしての稲田防衛相の責任に関しては「仮のことについて今答える立場にない。どういう状況でどうなったか、まずそこが大事ではないか」と語った。

*写真を差し替えました。

(石田仁志)