[東京 16日 ロイター] - 安倍晋三首相は16日、米国のティラーソン国務長官と官邸で会談し、「北朝鮮の挑発的な行動が続き、アジア太平洋地域の安全保障環境が厳しくなる中で、米国務長官の訪日は大変時宜にかなったものだ」と述べた。

ティラーソン国務長官は「アジア訪問の最初の国として日本を選んだのは、その関係の重要性を物語っている。日米同盟はアジア太平洋地域における礎石と確信している」と応じた。