ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

(2006年6月、上海)

 幸一と岩本会長は、上海の虹橋空港へ降り立った。浦西市街地に近いこの空港は、国内線をメインとした空港である。到着ゲートを通り抜けた狭いロビーに、隆嗣が背広姿で立っていた。岩本会長の姿を認めると足早に近づいてきて腰を折る。

 「お疲れ様です。会長」

 すぐに岩本会長が持っていたキャリーバッグを自分の手に取った。

 「久しぶりだねえ、伊藤君。元気にしているかい?」

 「はい、お蔭さまで。会長もお変わりなく、若々しいですねえ」

 岩本会長の赤いポロシャツを指して隆嗣が言った。

 「先ずは昼食に参りましょう。午後のフライトまでお時間がありますが、何かご希望はありますか?」

 「そうだねえ、久しぶりに足の裏のマッサージ屋さんに行きたいねえ」

 「わかりました」隆嗣が頷きながら答える。

 幸一は不思議な目で見ていた。

 伊藤氏が岩本会長に接する態度は、明らかに岩本社長に対するそれとは違う。もちろん岩本社長に対して無礼ということではなかったが、そこにはビジネス以上の付き合いを拒否するような峻厳さがあった。しかし、岩本会長に対しては敬老の気持ち以上と見受けられる慇懃かつ慕うような態度で接し、岩本会長のほうもそれを当たり前のように受けて温顔で伊藤氏に接している。

 一行は、隆嗣のワゴン車で上海浦西の繁華街へと入った。香港式飲茶レストランでテーブルに載り切れないほどの点心を頼み、みんなで舌鼓を打ちながらビールを数本空けた。

 「桐の盤木は、今週中にも製材をしてくれるそうです。ご手配ありがとうございました」

 幸一が仕事の報告をすると、隆嗣は微かに頷いただけで応じた。

 「そうそう、先方さんは値段はいくらでもいいと言っていたが、どうしたものかねえ」

 岩本会長の問い掛けに、隆嗣は煙草に火を点けながら答える。

 「あの会社の日本向け商品、主にホームセンター向けですが、その窓口は私がやっています。お気遣いなく会長のご希望価格をおっしゃって下さい。それで値決めさせます」

 「それはありがとう」

 隆嗣の好意を、岩本会長は素直に受け入れた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧