「カトパン男」は
なぜ共通してセコいのか

 こうしたカトパン男たちの共通点は、意外かもしれないが、こうした「セコさ」にある。

 稼いでいる人ほど「費用対効果」にこだわり、みんなに見える部分となる「豪邸」や「高級車」を買うことはあるのに、見えない部分はとことんケチる。ごはんも割り勘だったり、自分の服はユニクロでしか買わなかったりするものだ。

 生活費も思ったほど妻には渡さないということも多く、裕福な男性と結婚しながら苦労している女性も少なくない。

 配偶者の位置づけも微妙なところだ。たとえ稼いでいたとしても、その男性が必ずしも女性に対してお金を使うとは限らない。女性を持ち物の1つくらいにしか見ていないからだ。

 結局はカトパンと結婚できた自分をアピールしたいだけなのである。

「カトパンと結婚したい」と本気で言っている男性がいたら、いくらお金持ちであろうと、女性は全力で逃げていただきたいものである。

(結婚相談所マリーミー代表 植草美幸)