[ブリュッセル/アテネ 16日 ロイター] - ギリシャと国際債権団は、同国への新たな融資実行の条件となる改革状況の審査を巡り、依然として大きな見解の隔たりがあるという。ユーロ圏当局者が16日、明らかにした。

同当局者は「債権団とギリシャ当局はまだ多くの問題でかなりの溝がある」と述べ、財政赤字削減目標や年金・労働改革、民営化などのギリシャの取り組みは十分な進展が見られていないと指摘した。

技術面で十分な進展がなければ、20日開催予定のユーロ圏財務相会合で、ギリシャへの新たな融資実行に関して政治的な合意に至る可能性は低い。

しかし、ギリシャのチャカロトス財務相は16日、来週の暫定合意に自信を示し、4月7日までに債務軽減を含む包括的な合意に達する道が開かれるとの認識を示した。

一方、ユーロ圏当局者はそれほど楽観的ではなく、協議は継続され、週末に及ぶ可能性もあるが、20日に技術的な合意に至る可能性は低く、5月まで交渉が再延期される公算が大きいとみている。

ユーロ圏財務相会合は4月7日にも開催されるが、同当局者によると、この会合までに合意する見込みはほとんどないという。