[ソウル 20日 ロイター] - 韓国の周亨煥(チュ・ヒョンファン)産業通商資源相は20日、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を受けた中国の韓国企業への報復的な措置をめぐり世界貿易機関(WTO)に申し立てをしたことを明らかにした。

同相は国会の答弁で「中国が貿易に関する一部合意に違反している可能性があるとWTOに通知した」と述べた。

中国は、観光などの分野で韓国企業の活動を制限する措置を発表。これを受けて、前週WTOに申し立てしたという。