[レラハ(ドイツ) 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁は20日、ユーロ圏では拡張的な金融政策がなお適切との認識を示した。

その上で、ECBはインフレ動向を踏まえ、よりバランスの取れた発信の検討を望む可能性も指摘した。

ワイトマン氏は当地で講演し、「ECB理事会は、非常に緩和的な政策の出口政策をゆっくりと検討し始め、発信を幾分均衡の取れたものにすべきと考える人もいるかもしれない」と語った。