[モスクワ 21日 ロイター] - ロシア外務省のザハロワ報道官は21日、ティラーソン米国務長官のロシア訪問に関する報道について「否定も肯定もする用意はない」との立場を示した。

ロイターは関係筋の話として、同国務長官が4月にロシアを訪問すると報じた。一方これに先立つ北大西洋条約機構(NATO)外相理事会は、米中首脳会議に同席するため見送るとしている。

同報道官はフェイスブックに「いつものように微妙な情報がワシントンから漏れたことに驚いている」とのコメントを投稿した。

リャブコフ外務次官はティラーソン長官の訪ロ予定は承知していないと述べた。