[東京 22日 ロイター] - 菅義偉官房長官は22日午前の会見で、北朝鮮が複数のミサイルを発射した可能性があるとの一部報道に関して、「わが国に飛来するミサイル等は確認されていない」と語った。

菅官房長官は「日本の安全保障に直接影響を及ぼす事態が発生しているという認識はない」とし、北朝鮮の動向について「重大な関心を持って情報収集や分析に努めている」と述べた。

共同通信は22日、日本政府関係者の話として、北朝鮮が同日朝、東部元山付近からミサイル数発を発射した可能性があると報じた。ミサイルの種類などは不明で、失敗したとの情報もあるという。

ミサイル発射に失敗したとの情報もあるが、との質問には「重大な関心を持って情報収集、分析に努めている」とする一方、「事柄の性質上、具体的な内容は控えたい」と述べるにとどめた。そのうえで「北朝鮮については最大限の高度な監視体制を常に持ち、緊張感を持ってあたっている」と語った。

(石田仁志)