[東京 22日 ロイター] - 財務省は、22日の国債市場特別参加者会合で、国債応札義務の5%への引き上げを今年7月から実施すると伝えた。国庫短期証券を含むすべての国債が対象で、参加者から大筋の賛同を得た。同省幹部が会合後、記者団に明らかにした。

応札義務の引き上げと併せて現在10%としている第1非価格競争入札の発行限度額を20%とする案も示し、参加者からは「評価の声が多かった」(財務省幹部)という。会合では4―6月の物価連動債の発行額などについても議論し、4月発行分も4000億円に据え置くことを確認した。

(山口貴也)