[ワルシャワ 23日 ロイター] - ポーランドのシドゥウォ首相は英国が離脱した後の欧州連合(EU)の将来像を巡る「ローマ宣言」について、ポーランドが重要と考える項目に言及していなければ採択しない可能性があるとの見解を明らかにした。

首相はTVNテレビに「もしポーランドにとって優先度の高い課題が宣言に盛り込まれていなければ、われわれは受け入れない」と言明した。

その上で、1)EUの一体性、2)北大西洋条約機構(NATO)加盟国による緊密な協力、3)各国政府の役割強化、4)共通市場のルールが優先事項で宣言に含まれる必要があると説明した。