[23日 ロイター] - 米租税裁判所は23日、内国歳入庁(IRS)がルクセンブルクの子会社への資産移転を巡りアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>に15億ドル超の追徴課税を求めた訴訟で、IRS側の主張を退けた。

租税裁は、IRSに幾つかの点で裁量の逸脱や恣意的な行動があったとも判断した。アマゾン側の最終的な納税義務については明らかになっていない。

この問題は2005─06年の移転に関するもので、アマゾンはIRSがソフトウエアや商標権などの無形資産の価値を過大評価していると主張。アマゾンはこれら資産をルクセンブルクの子会社に移転していた。

IRSとアマゾンはコメントを控えた。

また、トランプ大統領はこの問題について、アマゾンが十分な税金を納めていないと非難した。