3月23日、日本の個人投資家「ミセスワタナベ」が、持ち前の逆張り戦略でトランプラリーの調整相場に立ち向かっている。2010年9月撮影(2017年 ロイター/Yuriko Nakao/File Photo/Illustration)

[東京 23日 ロイター] - 日本の個人投資家「ミセスワタナベ」が、持ち前の逆張り戦略でトランプラリーの調整相場に立ち向かっている。レンジ相場が続いていたため買い余力は十分。ドル/円が110円に下落する際も積極的に買いを入れ、相場下支えの一因となった。

 ただ、リスクオフ局面が長引き、110円割れが定着するようであれば、順張りのドル売りに方向転換するかもしれないと警戒されている。

根強いドル高予想

 あるFX(外為証拠金取引)会社では、ドル/円が111円半ばに下落した21日、ドル買い建てが、売り建ての約3倍と、前の日の約2倍から急拡大した。売り買いの比率や規模は、昨年の英国民投票前に市場で楽観的なムードが広がっていた局面に近いという。

 前日の110円への下落から111円台半ばに持ち直した23日東京時間には、早速111.00円に個人のドル買い注文が集まった。「いったん底を確認したと見る向きが、増えているのではないか」(国内金融機関)と見られている。

 ほかの複数のFX会社も、個人投資家のドル/円の買い持ち高が、売り持ち高を上回る傾向が目立ってきているという。

 長期保有の投資家が多いことで知られる東京金融取引所のFX「くりっく365」の建て玉。米大統領選後のトランプ相場では逆張りのドル売り越しが続き、昨年12月に一時15万枚の売り越しとなっていたが、今年2月あたりから徐々に偏りが解消し、21日には買い越しに転じた。