[ソウル 24日 ロイター] - 韓国の柳一鎬(ユ・イルホ)企画財政相は24日、政府の会合で、米国のトランプ政権に対し、韓国政府として貿易や為替レートに関する政策を積極的に説明していく考えを示した。

同相は「米国の新政権は主要な貿易相手国との貿易赤字などの問題を絶えず指摘している」と発言。

「韓国政府は(米国に対し)為替政策の説明を続けるだけでなく、二国間自由貿易協定を効果的に履行し、均衡のとれた貿易構造を形成するための韓国の取り組みについても伝えていく」と語った。

また、米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国への配備に対する報復とみられる中国の措置が国際貿易の基準に違反しているかどうかを韓国政府は精査しているとも述べた。