[ベルリン 23日 ロイター] - ドイツのショイブレ財務相は、「多様なスピード」での欧州連合(EU)の統合を支持する考えを示した。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が伝えた。

EUは25日、ローマ条約調印60周年を祝う特別首脳会議を開く。

ショイブレ財務相はFTに対し「連邦の構想は消えていないが、現時点で実現の見込みはない」と述べ、統合へのアプローチを修正する必要があることを認めた。

ポピュリスト(大衆迎合主義者)による反EUに対抗するためドイツがEU予算への拠出を拡大することには否定的な立場を示し、「順を追って検討する必要がある。まずは現行予算でより多くのことを達成しなければならない」と述べた。